「ほっ」と。キャンペーン

朝の「エメラルドの洞窟」ではバスを降り損ねたけど
今度は失敗するまい!と、アマルフィから乗り込むバスでは、
運転手さんに「ラベッロに行く!?」とA子も、私も言って乗り込む!
ラベッロまでは30分間のくねくね山道!
地元の高校生?もたくさん乗ってて満員!午前中授業あったのかな?土曜日だけど・・

もうそろそろ30分だ~と思った頃、一つの停留所に停車した途端、
「ラベッロ~!!!」って、運転手さんが大声で叫んだ。
そしたら、観光客がどっと降りた。全然問題なかった。緊張してたのにemoticon-0125-mmm.gif


f0163920_22302561.jpgf0163920_2231311.jpg
アマルフィ海岸は陶器も有名!南イタリアっぽい明るい模様が綺麗だけど
お土産には・・・ちょっと重い。
横のおじさん、あの大きなツボを
欲しそうにしたけど・・・・・
奥さんに直ぐに却下されてたらしい。

f0163920_22313890.jpgf0163920_2246970.jpgf0163920_22462875.jpg

ラベッロのドゥオーモ。
白くってシンプルで洒落た感じがするなぁ。11世紀に着工だって。

お店に並んでる服も、昨日捜し歩いたアマルフィよりセンスがイイ感じ。
昔から貴族や富豪が別荘を持ってたり、ワーグナーが愛した町ってことで、毎年音楽祭が開かれていたり、ちょっとハイソなイメージかな?
でも気取った感じはなく、落ち着いた町。(あくまでも個人の感想です)



ラベッロの必見SPOT
ヴィッラ・チンブローネへ
12世紀の貴族の別荘だったところを改築した庭園で
ココからの眺めがとっても良いらしい!

標識があってわかりやすいって言う書き込みも見たけど
私は、よく分からなくて地元の人らしい紳士に道を聞く。
このまま真っ直ぐず~っと行けばイイって言われたけど
ホンマかいな?こんな細い道が別荘へ続いてるの?と思ってしまう~

f0163920_22512222.jpgf0163920_22542655.jpgf0163920_2252640.jpg











ドゥオーモ広場からはちょっと距離があったけど
中に入ると大きなお庭~
そこを抜けると・・・
f0163920_22541135.jpgf0163920_11531452.jpgf0163920_11544612.jpg





















やってきましたアマルフィ海岸を見下ろす絶景スポット!
彫像が並んでるココ 「無限のテラス」っていうらしい。
下は断崖絶壁!高いところ平気!どちらかと言うと大好きな私も
ぞぞぞ!とする~
f0163920_22574341.jpgf0163920_22583144.jpgf0163920_22585071.jpg

f0163920_2325830.jpg
無限のテラスから覗くと
突き出した下のテラスは何製?コンクリート?タイル?
なんだか重そう~ちゃんと劣化の検査してるのかな?あ~怖い!


絶景を堪能して、もう2時!
見晴らしの良いカフェで遅めのランチはピザにする!

f0163920_23102937.jpgf0163920_23105597.jpgf0163920_23112096.jpgf0163920_23114345.jpg











マルゲリータと野菜のピザ。
分厚い生地。。。パンみたい・・・
乗ってるナスとか野菜はすっごく美味しいのに
残念なピザ~emoticon-0107-sweating.gif
カフェ アメリカーノも、ポットでたっぷり持ってきてくれたけど
薄すぎる~不味い。。。
う~~~ん。。。ランチ失敗だったけど、ゆっくり出来て景色は良かった!


f0163920_16242367.jpg
ぶらぶら散策しながら町の中心の方へ帰ってくる。
まだ見てない所もあるけど、今日はAさん達と夕食の約束をしてるので、16時台のバスでアマルフィへ戻る。
これを逃すと18時までバスがない!
イタリアは時間に遅れることがよく言われるけど
たまに時間より早めに出発してしまうこともあるというから
本当にややこしい!


ホテルまで戻ってしばらくすると、Aさん達がアルベロベッロから
A子のスーツケースとともに到着!
やっと!やっと!やっと!再会!
まさかこんなに長引くとは。。。

夕方から雨が降ってきて、出にくいので
夕食はホテルのレストランですることにした!
朝にチェックしたら、案外リーズナブルなお値段!

7時から予約をして、6人で夕食!
おや?メニューは先に見たものではなく
今日用意できるメニューが書いてある
値段は書いてない・・・
まさか時価!高い?!なんてことはないでしょうね???ちょっと不安

いつもの調子で前菜もメインも全部合わせて人数分の料理を頼んだ。

f0163920_9535019.jpgf0163920_9541570.jpgf0163920_9544073.jpgf0163920_955351.jpgf0163920_9552968.jpg





















どれもとっても美味しかった!
特にタコのリゾットが絶品!
みんなパクパク食べるemoticon-0110-tongueout.gif

ちょっと量が少なかったな~
追加で頼もうか?とか考えたけど、どうもタイミングが合わず。
難しいなぁ~どのくらいの量が出てくるか、イマイチ予想がつかない。。。

デザートも美味しかった!
このアマルフィの地域のケーキ
レモンの味で中がふわっふわ!

結局、会計は6人で€80!ワイン€6を引くと €74!一人€12ちょい?
あれは日本人でもフルコース食べられる量だったわ!
しかも安かったのに!
[PR]
by rikodosu | 2014-06-27 17:00 | viaggio 旅

5月31日 4日目
f0163920_13411869.jpgf0163920_13534628.jpgf0163920_1403565.jpg






ちょっと寒いけど、気持ちの良い朝です~
パンとハムとチーズと卵とフルーツと。
朝はカプチーノを必ず頼むけどemoticon-0162-coffee.gif
ホテルによって、場所によって?すごく違いがある。

今日はエメラルドの洞窟とラベッロの町へ!両方バスで行くので24時間券を買う。
最近はネット検索できるからとっても便利!事前に時刻表を調べ
どのくらい時間がかかるかも
停留所がいくつあるのかも全部下調べできる!

アマルフィからエメラルドの洞窟Grotta Smelardoまで停留所ひとつ!15分!
へっへっへ!楽勝~♪
でも乗り間違えてはいけないので、たむろしてるSITAバスのオッチャン達に
乗るべきバスを確かめる!OK!
次で降りればいいねんemoticon-0105-wink.gif・・・・・と思ってたら

なんでやねん!何度も数分毎に停留所に停まるやん?????
楽勝と思ってたのに~
しかも!停留所にはフェルマータFERMATA(停留所)としか書いて無くて
その場所がどこか、全く分からない!

f0163920_1346148.jpgでも!大丈夫っ!
このバスには車掌さんが乗ってる!
私達がエメラルドの洞窟に行くことは、先に言ったし、念のためもう一度印象付けるように、エメラルドの洞窟までは何分かかりますか?とか聞いておいたし!降りるところが分からなくても、イタリアやもん!しかも南イタリアやもん!人情厚いねん!絶対教えてくれる~

ちょうど15分ほどしたら
「エメラルドの洞窟」の看板がデカデカと見えてきた!
あ~!良かった~!
これなら車掌さんに頼らなくても分かったわ!

さ!さ!降りましょ!
と、思ってるのに、、、なぜかバスは停まらず。。。ビューンと行ってしまったemoticon-0104-surprised.gif

え~~~っ!なんで!?車掌さんはどうして何も言ってくれないの??バスを停めてくれないの???
と、バスを見回すと・・・・いない。。。。なんで?
何度振り返ってバスの後方を見ても、車掌さんはいない。。。。
なんてこと!どこかの停留所で降りてた?

それと、良く見るとSTOPブザーを鳴らさないといけなかったみたい!
それまで、地元の人って感じの乗降客ばかりだったし、車掌さんも乗ってたし
ブザーを鳴らしたお客さんなんていなかった。。。。。

あ~ぁ!遅まきながらブザーを押す。。。
まだ、不安なので運転手さんに「次の停留所で降ります。」と言ってきた。
早く降りたいのに、結構次の停留所まで遠かった。


f0163920_13514375.jpg
バスは10分くらい山を登って、次の停留所。
山の中のFERMATA。
「ここはどこ?私は誰?何故ここに?」って感じどす。。。

引き返すバスって。。。いつ来るのかなぁ~
何か情報が欲しいA子、頑張って見る。

アマルフィで買った写真写りのよいシャツ!
ええわ~!

幸いな事に、この停留所は下の浜へ続く道との合流点で
道路幅がすこし広がってるところ、危険な所でなくてよかった。

下の入り江!
高級隠れ家的リゾートみたい。
f0163920_13473872.jpg



f0163920_13483697.jpg















することないし、、、ハトを見る。

今日のこの状態を反省する私・・・・

私たちが持ってる「るるぶ」にも「ララチッタ」にも「エメラルドの洞窟」が載っている。
ネットでも口コミがたくさん出てる。
だから、きっとたくさんの観光客が降りると思い込んでた。。。

停まらない?!って気づいた時にすぐに「降ります!降ろして!」と言えばよかった。。。

車掌さんでなく、運転手さんに言っておけばよかった。。。


f0163920_174029.jpg
半時間ほど、の~んびりしたら
赤いSITAバスが来た!やった!
これを逃しては、たいへん!必死で手を振って
乗ります!乗ります!乗ります!emoticon-0169-dance.gif飛び跳ねる!

やれやれ!今度はしっかりブザーを押して
エメラルドの洞窟で降りた。
でも、このバスの方が新式で、ブザーを押すこと、見ればすぐに分かったわ。。。
ぷんぷん!


f0163920_1765071.jpgf0163920_1773086.jpg










道路からすぐに階段とエレベーターで洞窟の入り口に行ける。
そしてそこから、直接小舟に乗る。
入り口からはエメラルド色は見えないけど、少し進んだところで
キレイな海の色!

多分カプリの「青の洞窟」はこの何倍も大きいんだろうな。
船酔いの嫌な私達は、小規模だけど
ほぼ全天候型のコッチの洞窟で納得することにする。


f0163920_1774733.jpgf0163920_1775951.jpg
















アマルフィへ戻り、またバスを乗りかえて
今度は、アマルフィを見下ろす町「ラベッロ」へ行く~
[PR]
by rikodosu | 2014-06-26 17:26 | viaggio 旅

アルベロベッロからアマルフィへ向かう途中に
何度かトゥルッリホテルのレセプションから電話があり
アリタリアから今日、トゥルッリホテルにA子のスーツケースが届くとの事!

で、一日遅れでアマルフィに到着するAさん達の専用車で
スーツケースも運んできてもらうことになった~emoticon-0142-happy.gifホッ!
スーツケースとのご対面は明日の夕方となった!やれやれ~~

A子のスーツケースちゃん!いったいドコを旅していたのやら・・・・
喋れたら面白いやろな~
会った途端「聞いて!信じられへん~~~アリタリアっ!」とか言いそう~


そんなこんなで、アマルフィのホテル・ラ・ブッソーラに無事到着!
ドライバーのフランチェスコと記念写真撮って~
部屋へ

f0163920_1052884.jpg
f0163920_1053156.jpg






f0163920_10541852.jpgf0163920_1055772.jpg






ホテルの窓から・・・
前はすぐ海!海岸通りに面してて、5分ほどで船やバスの乗り場!
そこがアマルフィの玄関口で街は山へ向かって広がってる。
このホテルなら道路は平たんなので、専用車でない場合もスーツケース転がしながらでも乗り場まで行ける!emoticon-0144-nod.gif
f0163920_10572544.jpgf0163920_10593178.jpgf0163920_110343.jpg











ホテルの名前「Bussola」
羅針盤・コンパスの意味だった。
でも、なぜかバスルームはタコ模様。
赤いし、ゆでダコ!
残念ながら、バスタブ無い~



街をちょっと歩いてみる!
SITAバスのチケット売場や乗り場を確認。
明日はバスでエメラルドの洞窟とラヴェッロの町へ行く予定!

アマルフィと言えばこのドゥォモ
キレイね~何度もTV番組でもみた。 
f0163920_16301899.jpgf0163920_16354769.jpgf0163920_1636185.jpg
f0163920_1637629.jpg









明日はAさん達が到着するので
一緒に晩御飯食べる約束。
散策しながら、いくつかの候補のお店を
覗いてみる。


ちょっと休憩!
ドゥォモの階段のすぐ横にある有名店「パスティッチェリア・パンサ」
レモンのグラニータでサッパリ!あ~美味しい!すっぱ美味しい!


スーツケース到着まで、まだ一日半あるので
A子は基礎化粧品のトラベルセットとヘアコンディショナー
薬局でゲット!英語ができる店員さんだったのでA子が買う~
薬局での会話って、レッスンでは病気が主だから
美容系統、単語知らない。
今回の会話はあまりお役に立てなかった感じ。。。

それと明日着る長袖シャツも探してみる。観光地の真ん中だから
なかなか適当な値段、好みで家のタンスに無さそうなものを
探すのは大変!写真写りの良さそうな明るい色のシャツをゲット!
アリタリアがどこまで保証してくれるのか不安になりつつも
要る物は要るもん!しかも、旅行前に忙しい中、服選びに費やした時間・労力!
返してほしいわ~~~~~~~っ!ってA子!
ん!わかる!わかる!ね!emoticon-0144-nod.gif


明日の夕食にミシュラン店と家庭的リーズナブルなお店を候補に残し
私たちはホテルの向かいにある一番近いレストラン「リド・アッズーロ」に行くことにした。

夕暮れ~海にせり出したテラス席。リゾート感に溢れてる~
今日も前菜一皿にパスタ一皿を二人でシェアする。

f0163920_1055281.jpgf0163920_1056587.jpgf0163920_10564737.jpgf0163920_10572316.jpgf0163920_10591414.jpgf0163920_10575135.jpg
f0163920_10582239.jpgf0163920_1101636.jpg


前菜は・・・イワシの揚げたん!
これいいかも~と頼んだら
イワシ3匹、、、

昨日のレストランで
5皿もどんどん運ばれた前菜と比べると少な~い!
もっとシンプルで豪快なもの想像してた~






パスタは海の幸のスパゲッティ!多分・・・

上品な前菜
ぷっくりしたイワシを半分に切ると中にチーズが入ってた!
う!うん!美味しい!




デザート、甘ーい。
けど、美味しかった~

















旅行前、、、私、長い間胃の不調に悩んでいたのに
イタリアに来てからは絶好調~!何だったのかな?やっぱり夫からのストレス?
そう!絶対に夫源病emoticon-0114-dull.gifですよね~~~~~
[PR]
by rikodosu | 2014-06-25 11:37 | viaggio 旅

5月30日 
A子のスーツケースは届かないまま、、3日目。
今日はアマルフィへ

今朝の朝食は、場所が変わってレセプションのすぐ近く。
昨夜遅くにA子の友人Aさんが同級生3人とアルベロベッロに到着してる。
同じ代理店のツアーなので、全く同じコースで一日遅れで追いかけてくる感じ!

疲れてまだ寝てるかな~?って思ってたら、なんのなんの!
私達より元気で先に朝食食べてたemoticon-0102-bigsmile.gif
「はじめまして!」のご挨拶をしたらemoticon-0139-bow.gif
同年代の関西人!
もうお友達です。

「トマトがとっても美味しかったですよ~!
私たち、いっぱい食べちゃいました~!」って、、見ると、もうお皿に何も残ってない!

小さなスペースでブッフェスタイルの朝食を出してるけどemoticon-0112-wondering.gif
ここは何なのかな?設備はレストランでもないし・・・
家でもなし、お店でもなし???


「私もトマト!食べたいです~!」と言ったのに・・・
遅いなぁ~と待ってたけど、結局、追加のトマトは無し!
フォカッチャも私たちの後から来たカップルの分は無かったし。。。
ガッカリの朝食!パンもパサついてイマイチだったしなぁ!emoticon-0114-dull.gifブツブツ・・。

朝食後、4人の部屋を見せてもらった。もちろんトゥルッリ!
4人が一度に泊まれる大きな部屋!
でも、バスタブは無い。トイレも一つ!
う~む。。。2人×2部屋 と 4人×1部屋 とどっちがイイかな?


部屋に戻って待ってると、9時にお迎えのフランチェスコがやって来た!
イタリア人なのに、時間ぴったり!素晴らしい~
今回のツアーは全行程、送迎の専用車付き~~~emoticon-0159-music.gif
全然、荷物を持っての移動がなくて本当に楽!
A子は、まだこの恩恵にemoticon-0120-doh.gif与ってないけどね。。。

f0163920_10184482.jpg
f0163920_10193831.jpg

f0163920_1020810.jpg









アルベロベッロ出身のフランチェスコも少し、日本語単語を知ってる。
放牧されてる牛を見つけたら「ウシ!」とか、言いながら運転
片言は、カワイイ。私も片言で可愛く行こう~

トゥルッリの屋根と同じ石キアンカレッレで出来てる
敷地の境界の石塀も見える。

アマルフィの後はナポリに行くと言うと
「カバンから目を離してはいけないよ~」って
やっぱり!そうなんや~



マテーラの町に入ってくると、結構渋滞!
車が多い~やっぱり観光地!
待ち合わせの場所を決めて、2時間フリータイム。


f0163920_10355067.jpg


おぉ!これが世界遺産マテーラの洞窟住居サッシ!
セピアの世界~


f0163920_22194669.jpg


向こうに見える十字架。教会かな?
あの前の広場あたりまで散策してみよう~と歩き出す。。。

天気も良く・・・暑い。
道が分かりにくい~

f0163920_11143845.jpgf0163920_11162581.jpgf0163920_11165152.jpgf0163920_11171120.jpg






ここもアルベロベッロと同じように、サッシを改造してホテルにしてるところ
多いんだって~夜のライトアップは素晴らしいらしいので、泊まってみるのもいいかもね~

でも、このゴロゴロした階段、、、スーツケース持って歩けないわ。。。
大通りからすぐのホテルを探さないとエライ目に遭うよぉ~


洞窟住居を公開してるところを見学!人も家畜も一緒に住んでた。
時代は私が生まれたころコンナ暮らしをしてたのね。

データに、「古くは9000年とか、7000年とか前から人が住んでいた・・・・」と
 え~っ!きゅ!きゅ!きゅ!きゅ~!せんねーん!emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gif
なっ、なっ、なっなな、ななせんねーん!何時代?

一応、目的の広場にも行けたけど
迷いながら歩いてたので、あんまりフリータイム残ってない。

新市街地の方へ
さっさとランチにするべし!

出来れば有名なマテーラパンを買いたかったけど
近くにパン屋さんを見つけられず、、、バールでランチにする!

f0163920_22491089.jpgf0163920_22505060.jpg
お腹がそんなにすいてないので、
パニーニ半分ずつ!
でも、ジェラートは食べたくなって
ピスタチオ味を1つずつ!



f0163920_2257163.jpg

あっという間の散策時間!

お迎えに来たフランチェスコに「マテーラのパン買えなかったよ~ぉ。」と言うと
寄り道してパン屋さんに連れて行ってくれた~emoticon-0100-smile.gif
日持ちはギリギリだけど、丸のままでパンを日本まで持って帰ることにする。

さ!マテーラからアマルフィへ
[PR]
by rikodosu | 2014-06-24 23:06 | viaggio 旅

f0163920_16583685.jpg
ジャンジローラモ広場から
すぐ下の通りで美味しいパニーニの昼食に大満足emoticon-0110-tongueout.gif
この先が観光の中心モンティ地区だけど
チェックインするためにホテルのレセプションへいったん戻る。

A子のスーツケース、ひょっとして届いてないかなぁ~と
期待してたけど、連絡も来てないとの事emoticon-0107-sweating.gif

レセプションはアルベロベッロ在住の日本女性のスタッフがいたので
A子の事情を聞いてもらって、
アリタリアに電話したり、ネットでスーツケースが見つかっているか
調べてもらったり助かったっ!
この時点でまだ捜索中とネットには出てたけど、、
それに電話してもアリタリアは、全然出ない。仕事したくないらしく
ほとんど出ないらしい。
受話器を外してる時もあるとか・・・

明日は9時に送迎車が来てアマルフィへ行く。
それまでに届かなかった時のことを考えて、万一の時は
アマルフィかナポリの宿泊ホテルへ手配してもらうようにお願いした。
日本語で話して、分かってもらえるのは
本当に助かる!emoticon-0117-talking.gif


スーツケースがまだ届いてないので、
Tシャツとか下着とかちょっと買いたいと言うと。。
何とemoticon-0104-surprised.gif木曜日の午後からはアルベロベッロは
お店はお休みするって!!!ガーーーン!どうしよ?!
私もSDカード残量間違えて、買わないといけないのに。。。。
木曜朝市があるのはラッキーだったと思ったけど
アンラッキーだったのかもemoticon-0107-sweating.gif

ひょっとしたら開いてるかも、ってことで街の電気屋さんと、
Tシャツならスポーツ用品店にもあると、2軒教えてもらい、街を歩く。
f0163920_1723997.jpg
f0163920_17134154.jpg








その前に、レセプションのお隣、トゥルッロ ソヴラーノは見るべきか、
聞くと・・・まぁ、「見ても良い」と、微妙なアドバイス!
一応入場料払って入ってみる・・・emoticon-0125-mmm.gif
なるほど、なるほど、入場料と内容、微妙なお勧め度!




電気屋さんは開いててSDカード買えた~良かった!

スポーツ用品店はウインドーを覗くと、案外マシなTシャツが並んでたけど
閉まってる・・・もう一軒探すが分からなくて、来た道を戻ると
さっきの店が開いてたっ!

Tシャツ€50!くらい。。。結構高い約7000円
薄手のジャケットも同じくらいで、、、これはお値打ち品と言ってた。
ちょっと高いけどお店がないもの仕方ない!Tシャツ2点とジャケットで€150!
アリタリアがロストバゲージやらかしてくれたから
スーツケース無しで旅行なの!!!マケテ!と言ったら
€10だけまけてくれた。
下着屋さんにも行った。これもセットで高かった~

f0163920_1724226.jpg
まだアルベロベッロのトゥルッリ群の地区を歩いてなかったのでモンティ地区へ
私たちが泊まっていたのは街の北側、モンティ地区は南側でお土産物屋さんが多い。


f0163920_17242621.jpgその中の日本人奥さんが仕切ってる「陽子の店」で買い物!
どうせなら日本人のお店で買いましょうかってことで、、
まぁ、結果的に少し高めだけど、商品は吟味してると言う言葉を信じて~emoticon-0144-nod.gif

お店の屋上から、トゥルッリ群の景色を見せてもらった。


丘の一番上のサンタントニオ教会を目指す。

f0163920_17245529.jpg


トゥルッリと同じ灰色の円錐形の屋根で独特!
メルヘンチックで可愛い教会やね。


夕食は昨夜のドライバーさんおススメで「るるぶ」にも載っていた
ラ・カンティーナ

前菜盛り合わせと耳たぶパスタ オレキエッテを1皿ずつ頼んでシェアすることにした!

前菜がきました~
f0163920_17324454.jpg

うわぉ!ハムにチーズにイチジクジャム?食べたかったブッラータチーズも前菜に!
美味しいよ~!キノコのオリーブオイルも美味しい~
f0163920_1733169.jpg


あ!2皿で終わりと思ってたら、また2皿!続きの前菜~ナスのんと小さい揚げ物
春巻き状の、、チーズが入ってたかな?初めの2皿でもう満足してたし
ちょっとツライ。。

f0163920_17331734.jpg

え~~~!え~~~~!もうええのに!
5皿目がきたぁぁぁぁ!
フォカッチャみたいなのと、キッシュみたいなのと。。。もう
お腹ふくれてきてますねんけど・・・emoticon-0124-worried.gif

でも、、どうも食べ終わらないと次を持ってきてくれそうにない気配・・
オレキエッテ、食べたい~

取り皿に取るだけとって、前菜は終わったよ~ってムードにしたら
オレキエッテを持ってきてくれた!

f0163920_17333196.jpg


モチモチしてて美味しい~最高っ!emoticon-0110-tongueout.gif
次々くる前菜にビックリやったけど、オレキエッテ美味しかった!

A子のスーツケースは、明朝には無理やろなぁ~
アリタリア!ちゃっちゃしてや~と思いつつ
今日は、洋服店等での買い物の伊会話の練習できたわ~
[PR]
by rikodosu | 2014-06-19 17:58 | viaggio 旅

5月29日 2日目

レセプションは9時からしか開かないので
取りあえず、その前に街を見ながら朝市みて、
Sud Est鉄道「Alberobello」駅までの道を確認する。

週に一度、木曜の午前中しかやってないのに、うまい具合に
朝市の日にぶつかった!ラッキー!

と、思ったけど、ほとんど衣料品で大したもの売ってない。。。
ざっと見ながら、朝食場所の確認をして、、、、

電車の駅までの道を下調べ。
駅は大きな道に面してるとか、駅前はにぎやかでお店も周りにいっぱいあるとか
駅舎は立派な建物とか、日本の感覚で探すと難しい。。。
近くまで行っててもなかなか見つからない。
結局、誰かに「Dove?dove?ドベ?ドベ?どこ?どこ?どこどこ?」聞くのが一番早いみたい!


f0163920_1620142.jpg

f0163920_16201447.jpg駅も見つけて、朝食場所のホテルのレストランへ!
チーズにハムにパンやジュース、
シリアルにヨーグルト等
野菜は無いけどええ感じのブッフェスタイル。emoticon-0142-happy.gif


初日のコーヒーはカプチーノ。
う~~~ん。苦くてぬるいなぁ・・・
お替りのコーヒーはカフェ ルンゴ。
エスプレッソを熱いお湯で割ってくれるので
これは私達には嬉しい~熱めのコーヒー!
決して薄くもないemoticon-0162-coffee.gif美味しい!






f0163920_16285492.jpg

トゥルッロ・ソヴラーノ 唯一二階建てのトゥルッロの隣が
私たちのホテル「チャーミング・トゥルッリ・ヴィレッジ」のオフィスでレセプション。
分かりやすい!9時まで待ったけど、誰も来ないのでチェックインは
グロッテ・ディ・カステラーナ鍾乳洞から帰ってからにする。

本当は、ロストバゲージの連絡がアリタリアからあるかもしれないので
先に説明とかしときたかったけど、仕方ない。



「アルベロベッロに行くなら、グロッテ・ディ・カステラーナに是非行ってみて!」と
イタリア語のM先生に勧められた。emoticon-0126-nerd.gif調べてみると、
秋芳洞が子供に思えるほどのスケールの鍾乳洞らしい。
実は秋芳洞、行ったことがないので、、、比べられないemoticon-0107-sweating.gif残念。
f0163920_10523819.jpg
アルベロベッロの駅から5つ目の駅が
「Grotte di Castellana」!
電車が来た。「この電車でいいの?!
グロッテ・ディ・カステラーナに行く?」駅員さんに確認っ!!
30分ほどで着くけど、本数が少ないので
乗り間違うと致命傷~
9時41分を逃すと、次は11時55分やん。

地方の電車 窓からの景色 いいね~
暫く乗ってると
あ!「Castellana Grotta」駅!!!着いた---!慌てて降りる。
何しろアナウンスがない。(あっても分からんかも???emoticon-0136-giggle.gif

駅前に出ると、、、鍾乳洞への案内、無い。
近くにいたオッチャンにすぐに聞く。「鍾乳洞に行きたいんですが~」
「あのバスに、聞いて~!」って、駅前に停まってるバスを指さす。
バスに乗るのかな?鍾乳洞は駅の近くにあると思ってたのに・・・???

f0163920_22425693.jpgバスの運転手さんに「鍾乳洞に行きますか?」って聞くと
「行くよ。」って~で、
「チケットは?」と尋ねると、何と無料だってemoticon-0104-surprised.gif
へ~~!鍾乳洞が送迎バスを出してるのかな?と思ったけど
乗ってるのは地元風の一組のお年寄り夫婦だけで、途中で乗り降りしたのもお年寄り。
これは、街のコミュニティーバスみたいだね。


20分くらい乗ってたかな?無事、鍾乳洞の入り口に到着!

どうも私は先走って、慌てて降りてしまったけど、
降りたかった駅は「Grotte di Castellana」で
降りてしまった駅は「Castellana Grotta」
多分、街の名前の駅だわ。。。
まぁ、結果オーライemoticon-0100-smile.gif


チケット売り場に向かうと
ちょうど見学を終えて出てきた小学6年生くらい?いや中学生くらい?の
すごい人数の団体に遭遇~
腕白そうな男の子たちが数人、撮ってくれ~って感じで写真に写りこみに来る。
人数がどんどん増えてワイワイ大騒ぎ!
1人の女の子は自分のスマホで私達と一緒に写真を撮りたいって言ってくる。
なんだか収拾付かなくなってきたところに、女性教師登場!
注意するのかと思いきや、自分も一緒に写りに来た!
そして、校長だか同僚だか?知らないけど、男性教師にも「おいで!おいで!」
ほかの生徒にも「おいで!おいで!」って、本当ににぎやかだった。。。
f0163920_22394895.jpg

平べったい顔族、、珍しかったのかな~?
今頃、学年便りに私たちの写真が載ってるのかな?

鍾乳洞は1時間ごとに見学ツアーがあって、長いコースと短いコースがある。
英語などイタリア語以外のガイドが付くのは11時と16時。
ちょうど11時入場だったので、英語のツアー、3km2時間の長い方のコースにした。
残念ながら日本語ガイドは無い。

チケット売場で、日本語のパンフレットを欲しいって言えば貰えるって情報を見たので
貰ってみたら、まぁ、びっくり!分厚くて立派なこと~emoticon-0159-music.gif

f0163920_1052018.jpg
一人のガイドさんに30人ほどのグループで入場。
鍾乳洞に入ってすぐに大きな大きな空間
長さ100m、幅50m、深さ60m。天井にぽっかり空いた穴から太陽の光が差し込む。






この後は写真禁止。
著作権?っていうの?ソレもあるかもしれないけど、写真に気を取られてたら
危険だからって言うのもあるだろうな~と思う。
この日は、乾いててジメジメ感は無かったけど
湿気があって足場が悪く滑りやすいと、どこかに書いてた。


見学を終えて、帰りは正しい最寄駅から帰ろうと駅への道を聞いてみた。
駐車場を抜けて行くと良いと言われ、切符は持ってるのか心配してくれ
早く行けって言われる。
駐車場のおじさんにも再度聞いてみる。
このまま、まっすぐ行けって、時刻表を見て早く行けって、また言われる。。

しかし、前方に何も見えないけど・・・・

げげっ!
草っぱらの中に、ホームのみの無人駅!改札ない!駅舎もない!
周りに何もない!
f0163920_1123721.jpg

良かった~!来る時に、こんな駅で降りてたら鍾乳洞への道を聞く人もいなかったわ。
方角間違えて歩いたらエライ事になりそうな・・・風景。

少しして電車が来たので乗り込む。やれやれ・・・・emoticon-0141-whew.gif
初めて検札にあった。
私たち電車を間違えてるらしく、乗りかえろって言われる。。
次の駅で降りたら、先に間違えて降りた駅Castellana Grotta。
また、駅員さんに確かめながらAlberobello駅に戻る~
着いた時にはemoticon-0156-rain.gif強い雨。傘を持ってなかったので駅舎で雨の止むのを待つ。

ここでバックパッカー日本女性と話す。
ひとりイタリアを2週間旅してるんだって~勇気あるなぁ。
イタリアも南にやってくると英語があまり通じないと言ってた。
やっぱりそうなんや!


f0163920_11501478.jpg雨が上がって街に戻りお昼ごはん!雨宿りしてたので3時前。。
はじめ、ピザでも食べようかと相談してたのに、、
ピッツェリア 昼の部終了。

歩いてたら
道沿いのお店にパニーニがあった~!

ソーセージと肉巻団子のパニーニを1つずつ注文した積りだったけど
ソーセージ2本と肉巻団子1個が一つのパニーニに挟まってた。

どうもお店はソーセージ屋さんみたい。
そこでパンと中身を焼いて持ってきてくれるので
そりゃーもう!美味しい~~~~~
中身が本物って感じ!美味しい~~~~~~~

トマトとモッツアレラも食べたいね~とカプレーゼを注文したら
オリーブとパンとタラッリも付いてきた~

美味しい!パンも美味しい!
この辺りは小麦の産地!
上質のデュラムセモリナで作ってるパンはモッチリしてブオーノ!

ボリュームあるし、全部食べられないよ~
美味しいのに~とっても美味しいのに~悲しい~
[PR]
by rikodosu | 2014-06-18 09:56 | viaggio 旅

南イタリアへ 1日目

「どこか行きたいなぁ~」「行きたいねぇ!」「行こか?!」みたいな調子で
海外ご無沙汰のA子と勉強中のイタリア語を現地で試してみたい私!

いきなり決まった南イタリア女子ふたり旅 

旅行を決めたものの、
ここ何か月、長引く胃の不調。。。旅行2日前には何故か発熱!37,8℃!
イタリア旅行、楽しみにしてきたのに、、、emoticon-0106-crying.gifひょっとしたらドタキャンせなアカンかも???
二人旅なのに、、どうしよーーー!
不安になったけど
どうにか復調!あぁ良かった~

関空13:15発 ローマ空港へ
初めてのアリタリア航空!乗った時からイタリア気分~♪


f0163920_15384871.jpg
ブラッドオレンジと南イタリアの伝統的な輪っかになった固焼きパン、「タラッリtaralli」
パンと言うよりクラッカー的な?おつまみ的な?感じ~
サクッと塩味!
アルベロベッロでは食事のとき必ずパンと一緒に
このタラッリが付いてきてたわ。



f0163920_1539586.jpg
アリタリアの機内食は
「ビーフですか?チキンですか?」ではなくemoticon-0104-surprised.gif
「イタリアンですか?ジャパニーズですか?」の
選択だった~

もちろんイタリアンを選ぶ!オリーブオイルたっぷり~
美味しいけど少々しつこい?
胃のことも考えて3分の1だけ食べる。


f0163920_16331493.jpgお昼に関空を出発して13時間でローマ空港。
現地時間は19時過ぎだけど
私の体は真夜中なのに、、、到着前、食事が出てくる・・・・。
取りあえず、軽くいただきましょう~か。。

塩味が強いけどスパイス効いててパストラミビーフみたいなのが凄く美味しい!
でもパンが少なすぎ!ちょっとバランス悪いemoticon-0125-mmm.gif


ローマ空港で乗り換え、バーリ空港へ
ゲート確認しようと掲示板を見る・・・が!

バーリ空港までのチケット、私たちはアリタリアのAZ便名のチケットだけど
コードシェアしてる エールフランスやKLM、それにまだもう一社?が同じ便に
それぞれの便名を付けてる~故に、、、見つけるのが大変!

なんでやねん!簡単やんって思うかな?
一つの行に4つの便名がカチャカチャ、カチャカチャ入れ替わり・・・
またその行が上の行へと流れていく~じっとしてないねん!!!
それに動く速度が早い!早い!追っかけて見て、確認してるうちに流れる~
還暦前の動体視力では無理!無理!
イタリア人の動体視力はどんだけ優れているのか・・・と思う。

やっと、見つけてチケットの印刷通りゲートはB12!
B12で時間まで待つ。 。。が、おかしい???なんかおかしい?
時間が迫って来てるのに人が少ないし、そのゲートは
ブダペスト行の表示が出たまま・・・

f0163920_16572494.jpgemoticon-0141-whew.gifもう一度掲示板を見に行くと~ひょえ~~~~!B15に変更してる!
これだな!イタリア式、直前で変更になることがあるっていうの。。。。
15 分前にはゲートは何があっても閉まる。と、聞いてる。
時計を見ると20分前!しかもゲートは少し離れた位置!慌てて走る!

やれやれ~間に合った~~!









バーリまで1時間、22:30到着!
サッサとスーツケース引き取って、お迎えの車に乗らなきゃ!と思ってるのに
スーツケース、A子のが遅い~出てこない~

「いやぁ~ん!不安やね~」と冗談言ってたら。。。
とうとう乗客全員、自分の荷物受け取って出ていく。。。。

コンベヤーに黒いスーツケースが一つグルグル回ってるけどA子のスーツケースではない。。。。
A子の荷物と入れ替わってしまったの?
何処かの空港で一つだけ取り残されてグルグル回ってるA子のスーツケースを想像してしまう。

空港職員を見つけ、荷物が出てこないと言うと、
すぐに書類作成!
「スーツケースは何色?」
「ホテルの住所や電話番号」を聞かれ
「見つかった時にホテルに電話して、届けます。」って
私たちは2日ごとにホテルを移動するから次のホテルも
言おうと思って
「明後日にはホテルを発ちますけど。。。」と言ったら、
「うん!多分大丈夫!」って。。。ホンマかいっ!

書類をもらって、出口へ行くと
ドライバーさんが待っててくれた。
「ロストバゲージで~」と言うと、、、「またか!」みたいな感じ。。。
やっぱりあるのね~ロストバゲージってemoticon-0101-sadsmile.gif


空港からアルベロベッロのホテルまで1時間!
私たちのホテルはトゥルッリturulliを改装したホテル!
ひとつの建物は小さいのでレセプションもそれぞれの客室も朝食場所も
全部別々になってる。
f0163920_17524061.jpg

今夜は遅いのでレセプションはもう閉まってて
ドライバーさんに部屋に案内してもらい鍵と地図と朝食のチケットをもらう。
明日、チェックイン。

改装されてると言っても、どんな設備になってるのか心配だったけど、
バスタブもあるし暖房もバッチリ!キレイ!
良かった!ベッドの幅狭いけど、ロフトまである。
f0163920_17273182.jpgf0163920_1727509.jpgf0163920_1728010.jpg

もう、真夜中!長い一日だったし
サッとお風呂に入って寝る。

A子のスーツケース、、、今頃どこに???
[PR]
by rikodosu | 2014-06-17 17:43 | viaggio 旅