南イタリアへ 4日目 ①

5月31日 4日目
f0163920_13411869.jpgf0163920_13534628.jpgf0163920_1403565.jpg






ちょっと寒いけど、気持ちの良い朝です~
パンとハムとチーズと卵とフルーツと。
朝はカプチーノを必ず頼むけど063.gif
ホテルによって、場所によって?すごく違いがある。

今日はエメラルドの洞窟とラベッロの町へ!両方バスで行くので24時間券を買う。
最近はネット検索できるからとっても便利!事前に時刻表を調べ
どのくらい時間がかかるかも
停留所がいくつあるのかも全部下調べできる!

アマルフィからエメラルドの洞窟Grotta Smelardoまで停留所ひとつ!15分!
へっへっへ!楽勝~♪
でも乗り間違えてはいけないので、たむろしてるSITAバスのオッチャン達に
乗るべきバスを確かめる!OK!
次で降りればいいねん006.gif・・・・・と思ってたら

なんでやねん!何度も数分毎に停留所に停まるやん?????
楽勝と思ってたのに~
しかも!停留所にはフェルマータFERMATA(停留所)としか書いて無くて
その場所がどこか、全く分からない!

f0163920_1346148.jpgでも!大丈夫っ!
このバスには車掌さんが乗ってる!
私達がエメラルドの洞窟に行くことは、先に言ったし、念のためもう一度印象付けるように、エメラルドの洞窟までは何分かかりますか?とか聞いておいたし!降りるところが分からなくても、イタリアやもん!しかも南イタリアやもん!人情厚いねん!絶対教えてくれる~

ちょうど15分ほどしたら
「エメラルドの洞窟」の看板がデカデカと見えてきた!
あ~!良かった~!
これなら車掌さんに頼らなくても分かったわ!

さ!さ!降りましょ!
と、思ってるのに、、、なぜかバスは停まらず。。。ビューンと行ってしまった005.gif

え~~~っ!なんで!?車掌さんはどうして何も言ってくれないの??バスを停めてくれないの???
と、バスを見回すと・・・・いない。。。。なんで?
何度振り返ってバスの後方を見ても、車掌さんはいない。。。。
なんてこと!どこかの停留所で降りてた?

それと、良く見るとSTOPブザーを鳴らさないといけなかったみたい!
それまで、地元の人って感じの乗降客ばかりだったし、車掌さんも乗ってたし
ブザーを鳴らしたお客さんなんていなかった。。。。。

あ~ぁ!遅まきながらブザーを押す。。。
まだ、不安なので運転手さんに「次の停留所で降ります。」と言ってきた。
早く降りたいのに、結構次の停留所まで遠かった。


f0163920_13514375.jpg
バスは10分くらい山を登って、次の停留所。
山の中のFERMATA。
「ここはどこ?私は誰?何故ここに?」って感じどす。。。

引き返すバスって。。。いつ来るのかなぁ~
何か情報が欲しいA子、頑張って見る。

アマルフィで買った写真写りのよいシャツ!
ええわ~!

幸いな事に、この停留所は下の浜へ続く道との合流点で
道路幅がすこし広がってるところ、危険な所でなくてよかった。

下の入り江!
高級隠れ家的リゾートみたい。
f0163920_13473872.jpg



f0163920_13483697.jpg















することないし、、、ハトを見る。

今日のこの状態を反省する私・・・・

私たちが持ってる「るるぶ」にも「ララチッタ」にも「エメラルドの洞窟」が載っている。
ネットでも口コミがたくさん出てる。
だから、きっとたくさんの観光客が降りると思い込んでた。。。

停まらない?!って気づいた時にすぐに「降ります!降ろして!」と言えばよかった。。。

車掌さんでなく、運転手さんに言っておけばよかった。。。


f0163920_174029.jpg
半時間ほど、の~んびりしたら
赤いSITAバスが来た!やった!
これを逃しては、たいへん!必死で手を振って
乗ります!乗ります!乗ります!070.gif飛び跳ねる!

やれやれ!今度はしっかりブザーを押して
エメラルドの洞窟で降りた。
でも、このバスの方が新式で、ブザーを押すこと、見ればすぐに分かったわ。。。
ぷんぷん!


f0163920_1765071.jpgf0163920_1773086.jpg










道路からすぐに階段とエレベーターで洞窟の入り口に行ける。
そしてそこから、直接小舟に乗る。
入り口からはエメラルド色は見えないけど、少し進んだところで
キレイな海の色!

多分カプリの「青の洞窟」はこの何倍も大きいんだろうな。
船酔いの嫌な私達は、小規模だけど
ほぼ全天候型のコッチの洞窟で納得することにする。


f0163920_1774733.jpgf0163920_1775951.jpg
















アマルフィへ戻り、またバスを乗りかえて
今度は、アマルフィを見下ろす町「ラベッロ」へ行く~
[PR]
by rikodosu | 2014-06-26 17:26 | viaggio 旅